「ドローイン+スロージョギング」で消費カロリーが約40%増加する!

showPhoto

最近はお腹をぐっと引き込ませ(ドロ-イン)てのスロージョギングを続けている。(左図)

これで、みるみる腹筋が強くなってきた、さらに減量効果が高まり気をよくしている。
ただ
慣れるまで辛抱強く数回繰り返えす事、今では無意識の内にこの「ドローインスロージョギング」が出来る様になった。

 

 

すっかり習慣化した
つま先走りで、両足裏側の「ふくらはぎ」から大腿二頭筋~腰まで鍛えられ、新しくドローインを取り入れて腹筋が鍛えられ
スロージョギングあとの「ぶら下がり」で握力と腕の筋肉が鍛えられる。
上記の運動あと30分以内にアミノプロテインを牛乳に混ぜて飲んでいる。お陰様で下半身全体の筋肉が引き締まってきた。

以下ネットより抜粋

ドローインは、お腹をへこませる状態をキープするダイエット方法。
有酸素運動とドローインを組み合わせると、消費カロリーが約40%増加する。
•理想は全てをドローインしつつランニングすることだけど、負担が大きくて辛いようなら期間限定にしよう。

ドロ-イン効果
ドローインランニングのやり方
やり方と言っても再三言っているように、基本は「お腹をへこませながら走る」というだけのことなのですが、より効果を高めるためにいくつかのコツを紹介します。

まず基本の「お腹をひっこめている状態」ですが、これは息を全て吐き出した時の形が理想です。息をスーッと限界まで吐き出していくと、自然とお腹がへこんでいき、背筋が伸びていくのがわかると思います。この「背筋が伸びつつ、お腹がへこんでいる状態」をキープしながら呼吸を続けられれば、それが理想の状態です。

後はその状態でランニングをすればいいのですが、やってみるとわかりますがこれが結構辛い。普段は感じないほど腹筋に負荷がかかるのがわかるんです。効いている証拠なので喜ばしいことなんですけどね。またお腹をへこませた状態での呼吸に慣れてないうちは、すぐに疲れてしまいます

※為になったサイト⇒ ドロ-インダイエット

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)